1. HOME
  2. ブログ
  3. 活動
  4. 令和という時代

令和という時代

2019年5月1日。
令和元年。

日本新時代の幕開け。

令和の文字は「万葉集」の梅花の歌が出典だそう。

春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように
一人ひとりが明日への希望とともに、
それぞれの花を大きく咲かせることができる、
そうした日本でありたいとの願いを込め、決定した。
とお話がありました。

大変失礼ながら、
もし平成の終わりが天皇崩御というかたちで迎えたものであれば
このような明るい未来を想像しての元号ではなかったのではないかと思わけで。

今までも日本にはたくさんの元号があり、
図らずしもそのすべてに意味が込められていた

ぶっちゃけ言うと、
世の中結局結果論的にところが多くて、
僕らの「令和」の時代が、どうでもいい時代になるか、いい時代になるかは
元号ではなく、僕らがこの時代になにをするかであり
そこに何を創造し、この文字に込められた言霊の力を最大限に活かしきることができるかで決まるのではないかと思います。

さて、新時代

この時代も全身全霊、全力でいきていきましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。