1. HOME
  2. ブログ
  3. 活動
  4. カンボジアの子供たち

カンボジアの子供たち

カンボジアの子どもたちの識字率がとても低いと聞いて、少しでも「書くこと」の楽しさを知ってほしいと思い文具を送るプロジェクトに参加したことがあった。

ただ漠然と「自分にも何か出来ることがあるかも」と思い立ったあの頃が懐かしい。

そんな僕が今カンボジアに来ていて、教室で子どもたちと「書」の授業をしている。

言葉の通じない、文化や生活環境も違うたくさんの子どもたちに囲まれて。
日本にいても、どこにいても、「上手く書く」ことだけじゃなく、ただ純粋に「書くこと」を楽しんでほしいと思う。
「書くこと」はもちろんだけど、「文字を読める」喜びも知ってほしい。
文字が読めることで、僕はたくさんのことを学んだし、文字が書けることで、たぶんたくさんの人に喜びを与えてこれた。

すべてではないけど、諦めずに歩き続けてきた先で、20歳頃の自分が見ていた未来がある程度創造できている気がする。

「誰かの力になりたい」

思っていたよりちっぼけな力にしかなれなかったけど、間違いなく今僕はほんの少しこの世界の役に立てている気がする。

日本の皆さん
いつも応援してくれている皆さん
いつもありがとうございます
僕はさらに多くの人の力になっていくことを誓います。

Happy Valentine!!

日本に帰ったら筆を贈る約束をしました。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。